本文へスキップ

ジェネリック医薬品とは

処方せんに基づいて調剤薬局でお渡しするお薬には先発医薬品と後発医薬品があり、

後発医薬品の事をジェネリック医薬品といいます。

先発医薬品を開発した医薬品メーカーにはその新薬を独占的に販売できる特許期間(20〜25年)があり

その期間が終了すると、新薬に使われた有効成分や製法などは国民共有の財産になります。

そして、厚生労働大臣の承認を得られれば、他の医薬品メーカーでもそのデータを元にして

「ジェネリック医薬品」として製造・販売が可能になります。

複数の医薬品メーカーが製造するジェネリック医薬品には、高血圧や高脂血症、糖尿病、花粉症といった
 
様々な病気・症状に対応するものがある上、その形態もカプセル・錠剤など多様です。

それでも、ジェネリック医薬品は「安くて本当に効き目はあるのか」「安全性は大丈夫なのか」と

心配する方もいるかも知れません。

しかし、ジェネリック医薬品の開発にあたっては、医薬品メーカーにおいて様々な試験が行われており、

それによって先発医薬品と効き目や安全性が同等であることが証明されたものだけが、

厚生労働大臣によってジェネリック医薬品として承認されていますので安全なお薬です。

またお薬の内容につきましては患者さまのご負担金額が大きく安くなるものもございます。

ナビゲーション